レーシック難民の皆さん!ご安心ください。ここが情報局ですよ。

レーシック難民とは?

角膜にレーザーを当てることにより、屈折率等を加工して視力を向上させる、レーシック手術。

とても有効な視力回復手術ではありますが、その一方で、レーシック手術が失敗に終わり、辛い後遺症に悩まされている方がいるのも事実です。

そのような、レーシック手術によって目や体に異常が起こっているのに、適切な治療を受けることができずにいる人々のことを、「レーシック難民」と呼びます。

レーシック手術は、成功率99.5%と言われれる手術ですが、つまり0.5%の人は失敗に終わっているということを忘れてはならないのです。

レーシック難民の主な症状には、手術を受けたのに、視力が思うように向上しなかったり、逆に視力が落ちてしまったりするということがあります。

それから、目が疲れたり乾いたりしやすく、その不調により頭痛が起こったりという目や体の不調を訴える方もいます。

また、近視の治療にレーシック手術を受け、視力は回復したけれど、今度は近くのものが見えにくい遠視になってしまった・・・という症状もあります。

さらには、見た目にも眼位異常が起こることもあり、明らかな斜視になってしまう方もいるのです。

鬱や不眠症状、自殺願望など、精神に異常をきたしてしまう場合もあります。

このように、レーシック手術というのは、とても画期的な近視の治療法ではありますが、実は大きなリスクを抱えた方法でもある、ということを忘れてはなりません。

レーシック手術では角膜を削って視力を回復させるので、削った角膜は、手術が失敗に終わったとしても元に戻すことはできないのです。

レーシック手術に失敗し、辛い後遺症を抱え、毎日大量の薬を服用したり、目薬を点眼し続けなければならない人もいます。

そのような事態になってしまうリスクがあるということを念頭に置いて、レーシック手術を受ける際には、慎重に検討しなければなりません。

レーシック手術は、決して気軽な手術などではないのです。

手術を検討する際には、よく下調べを行い、レーシック手術に関する知識と理解をしっかり深めたうえで行うことが大切ですね。

最新記事